FC2ブログ

渥美半島菜の花まつり 


土曜日のこと、ラム父がラムと公園でボール遊び中、ふくらはぎ肉離れを起こしたそうです。ラムと一緒にダッシュをしたところ突然、足からバキッという音がして激痛が走ったとのことでした。
救急車を呼ぼうかと一瞬考えたそうなんですけど、なんとかがまんして車までたどりついて医者に行ったそうです。苦痛に顔をゆがめてヒョコヒョコと歩くラム父を見上げて、心配そうに付いてくるラムがたまらなく愛しかったと言っておりました。この人は正真正銘の親バカさんです。



画像行方不明




テーピングされちゃった足です。日曜は休みでしたけど、月曜も大事をとって休みました。月曜は私もお休みですのでドライブくらいは行けるかなと、渥美半島に遊びに行ってきました。たまには親子3人でお出かけしたいですもんね。





DSC05935.jpg


おりしも菜の花の季節です。今年は例年より早く咲き始めましたからねえ、今が盛りという感じです。こんな黄色い畑が半島のいたるところにあって、菜の花のいい匂いが立ち込めていました。うう~ん春だわーー
3月まで、菜の花まつりでいろいろなイベントがあるようですよ。




海岸に出てロングビーチというところで遊びました。







DSC05918.jpg


砂をホリホリして、口の中まで砂だらけになったり・・・・




画像行方不明



岩に昇ったり・・・・







DSC05923.jpg




波との追いかけっこをしたり・・・




そして・・・











でました犬っぱしり。ロングリードの長さにあわせて円を書いての犬っぱしりです。間に立っていた私は、リードで2度もつっころばされました。でもいいのですラムが喜んでくれれば。




この先の渥美半島の突端にある、伊良湖(いらご)恋路ヶ浜は恋人の聖地なんですって。昔は椰子の実が流れついたところなんですよね。

名も知ら~ぬ 遠き島より 流れよる 椰子の実ひとつ♪
(嶋崎藤村)



スポンサーサイト

ドギーパークとお試し宿泊 

最近、ラム家ではラム母だけが楽しんでいるのではと疑念をお持ちの方も多いことと存じます。
そんなことはないことを立証するためにも、ラム家全員で楽しんできました今回の一泊旅行の様子を見ていただきたいと思います。


まず、日曜日に行きましたのは、富士スバルランド手前にあります、ワンちゃんの聖地ドギーパーク



DSC05616.jpg



12月に入ると入場料が安くなるんですねえ、しかも今日はプードルディ。プードルのワンちゃんは入園料はタダなんですって。今度はシバの日を狙ってこよう。





DSC05621.jpg


遊園地みたいで楽しいですよ。アジリティショーとかディスクドッグショーもありました。


ドッグランも10コくらいあるのかな。あきずに半日は遊べますね。



しかしドッグランは苦手なラム、今まで上手に遊べたことはほとんどなかったんですねー。











でも、大自然のもと、気分が変わったのでしょうか。ランの中にいたプードルちゃんと遊び始めました。しかしそこが犬同士の遊びになれていない犬の悲しさ、だんだんしつこくなって、プードルちゃんにもう嫌がられているのに気がつかないんですよねーー静止するラム母の声もまったく無視、調子に乗りすぎじゃん。しかしラムを捕まえようとしてるラム母の動きの遅いこと。ラムから捕まってくれなくちゃ一生つかまえられませんな。ラム制御不能につき、そのランをおさらばしました。




別のランには、逞しそうな柴ちゃんが2匹。さあ、ここじゃさっきのようにはいかないわよラム。ガッツリ絞めてもらって身の程を知りなさいな、と心を鬼にしてラムを放牧しました。


















すぐに尻尾をまいて泣きを入れるでしょうと思っていたのですが意外や意外、3匹で楽しそうに遊んでました。しかも今度は際限なしの追いかけっこです。きゃーものすごく楽しそう。思わず、この近くに住んで、毎日ここに通いたくなってしまったラム母でした。





さあ、思い切り遊んだから今夜の宿へ。この宿のことなのですが、実は少し前の、雑誌「いぬのきもち」についていた、体験お試し宿泊です。サンダンスリゾート河口湖




ワンコと一緒にも力を入れているらしく




DSC05630.jpg




足洗い場もあり、部屋の中と2Fの廊下は自由歩行。最初30分ほど、リゾートシステムについての説明があります。
ラム家は入会したかって?
残念ながらノーでした。お金がないうえに、旅行に行ったら上げ膳据え膳でなきゃ嫌というわがままなラム母に、このようなシステムは無理がありました。でもお金があって、料理やあとかたずけも苦にならないというご家族にはおすすめいたしますよん。






DSC05629.jpg



緑にかこまれていいところですし、ただ今専用ドッグランも建設中です。






DSC05649.jpg




翌日は、河口湖ハーブ園など散策したあと、西湖いやしの里根場(ねんば)というところに行きました。40年ほど前に土石流で消失してしまった茅葺集落を現代に甦らせつつあります。もう10棟以上立っていますので、結構見ごたえはあります。






DSC05644.jpg



小腹がすいたので、買った蒸しまんじゅうを縁側で食べます。昔の家にはこうした縁側があって、ひなたぼっこしながらのんびりとしたんでしょうね。
しかし日本家屋には日本犬がよく似合う。観光客のおじさんがラムのことをポチ、ポチと呼ぶので、ラムのニックネームは今日からポチだな、と話し合ったラム父母でした。




そして最後はやっぱり富士山の勇姿を紹介しないわけにはいきません。ぜひクリックしてじっくりながめてください。別に私の山ではないですけれど、なんとなく自慢したくなる、そんな日本一のお山です。




DSC05636.jpg

寸又峡に行きましたよ 

あの、金嬉老事件で有名な、寸又峡に行ってきました、と行ってもお若い方には、なんのことか分からないでしょうが、金嬉老(キンキロウ)がライフルを持って立てこもった旅館があるのです。さすがにその事件のあった頃、ラム母も子供でしたけど、大騒ぎになっていた記憶がかすかにあります。最近では、北野武主演でテレビドラマになっていますね。その旅館ふじみ屋は、当時のままな感じでまだありました。
寸又峡といえば、まずそれが浮かんでしまうのですけど、今日の目的は、おいしいものを食べて、温泉に入ること。






DSC05093.jpg

途中で寄ったかわいらしい天文台。土・日の夜は解放しているそうですけど、予約必要とのことです。すごく空気がきれいなところなので、さぞかし良く星が見えることでしょう。ラムが草むらにかくれちゃってますので捜してくださいね。





寸又峡温泉入り口です。すごく山深いところですね。
DSC05100.jpg





あまりの暑さに、有名なつり橋まで行くのはあきらめ、近くのこちらにおじゃましようかしら。ちょうど昼時になったし、とにかく涼しいところに避難しないと。ラムも休めるところがあるっていうし、ここにしましょ。
DSC05101.jpg


はいから亭、名前からしておもしろそうレストランだこと。おおー、中のお庭も川なんか流れててすてき。


DSC05099.jpg





中に入ってみると、今はやりの昭和レトロなインテリア。懐かしいチャンネルテレビとかも飾られていますし。

そして頼んだ料理はこちら。



DSC05097.jpg

夏まつり蕎麦1,500円。じゅんさいと山芋の酢のものとかカルパッチョ、煮物あえものどれもおいしいです、もちろんお蕎麦もグッド。お姉さんが頼んだカレーセットもおいしかったとのことです。



その後ラムの世話をお姉ちゃんにまかせ、ラム父母は、レストラン奥にあります温泉へ。ここの温泉がまた、とっても良い泉質なのですね、かけ湯をして湯船に入った瞬間、お肌にピッタリくる感じ。これぞ美人つくりの湯。私なんぞより、お姉さんが入ったほうがいいと思うのですが、若い人は温泉など好きではない。じゃ私が2倍入ってあげましょ。ほんとに何度でも入りたくなる気持ちよさでした。




さあ、おいしいものも食べたし、お風呂にも入ったし帰りましょ。





途中で寄った道の駅です。
DSC05094.jpg


さすがお茶どころです、おいしい冷茶のサービスもあります、静岡のお茶はほんとうにおいしいです。

DSC05103.jpg


道の駅の中にあった芝生広場。ここでは、フリスビーとかボールとか輪投げなどが置いてあって、自由に遊べるんですね。フリスビーはドーナツ型の布張りで、とってもよく飛びました。ラムが噛んだら破れちゃうから、あんたは見学してなさいな。



しばらく遊んでいたら、いきなりポッポーって、汽笛の音が。それと同時に大量の蒸気が。
あんなところに線路があったんだ、しかも走っているのは、今やめったに見られないSL。これが大井川鉄道ですね。それにしても汽笛で教えてくれるなんて、なんて粋な計らいでしょ。
この道の駅は、あんまり物は売ってないけれど、お茶の製造のことが展示してある建物があったりして楽しいですよ。道の駅の名前ひかえてくるの忘れちゃったけど、行ってみたい方は調べて行ってみてくださいね。


DSC05104.jpg

写真クリックで拡大すれば、中ほどに黒いSLの勇姿が見える(はずです)
郷愁を誘うポッポーでした今度は乗ってみたいです。

法事に行ってきました 

この日曜日は、ラム父の父、つまりじっちゃんの7回忌法要でした。しかも場所は、神奈川の川崎、そうラム父は川崎の出身なのです。その法要に参加するにあたりラムをどうするかについて、ラム家ではこの一ヶ月いろいろ話し合ってきました。まさか法事に犬は連れていけない、預けるしかないのではという私に、そんなのはかわいそうだ、一緒に行こうというラム父。
暑い盛りでもあるし車で待たせることになったりしたら返って心配だから、しつけの先生のところでお泊りさせたほうがラムも楽しいだろうからとほぼ話がまとまっていたのですが、やはり直前になって、やっぱりどうしても連れていきたい・・・というラム父。

仕方ないわね、そうとなれば、明日は強行軍になるからラムをはやく寝かせて、しっかり面倒みましょうということになったのでした。
はー しかしそんなところに犬なんて連れていく人たぶんいないよねえ、しかもラム父は末っ子、お兄さんが3人もいるのに怒られてもしらんからね。


当日の朝、ラムは公園で一暴れしてきて、からだ中砂まみれで帰ってきましたので、予定より遅くなっちゃって5時半に出発。

DSC05051.jpg


ここが車でのラムの定位置。エアコンが効いて涼しくていいみたい、少々ゆれても安定度抜群だし。しかしお母さんの足の置き場がない、えいっラムの上に足のせちゃえ、もちろん靴脱いでだけど。



ラムが仔犬の頃は、高速道路のトンネルに入ると、どういうわけか必ずガバッと身を起こすので、見ていて楽しかったものです。またガバ犬になったねーとか言ってましたけど、今回は、ちょっとしか身を起こさず、半ガバ犬でした。それだけ大人になってきたんでしょうねえ、少しつまんないけど。
途中で長女を拾って、お寺さんに到着。ドキドキしながらラムを連れて行ったら、お義姉さんが、
「あら~犬連れてきたの~」ってニコニコしてくれました。そして・・
お義姉さん「それ秋田犬?
ラム母  「しっ、柴です」と答えながら、良かった~犬拒否されなくってと、ホッと胸をなでおろしたラム母でした。
そうですよねえ、犬に興味がないと犬種なんか分からないですよねえ。私も洋犬ですと分からないことありますもん。さすがに柴は気になるので、大体その子の年齢くらいまで分かるようになりましたけど。

法要の間は、蚊取り線香をお借りして、木陰でおとなしく待っていたラムでした。グルグル蚊取りは初めて見たのじゃなかったかしら。




その後は、長兄宅におじゃましての会食とあいなりました。


DSC05046.jpg

一部が畑にもなっているナイスなお庭。とうもろこしが身をつけようとしてましたねえ。
仕出しのお弁当がとってもおいしくって、食べきれないと残そうとしているラム父の分にまで手を出すラム母。だってもったいないんだもん、これぞ主婦のかがみ?たぶんデブのかがみ分かっちゃいるんですけどねえ、こればっかりはやめられません。


三々五々解散になりまして、長女を送りながら横浜へ、関内駅で長女とお別れです。またね~お姉ちゃん、お盆には待っているからね、そう今週にはまた会えます。



DSC05045.jpg

お姉ちゃんに水を飲ませてもらうラム。仲良し姉妹です。



せっかくですのでちょろっとMM21の見学です。



DSC05050.jpg

さっすがー、おっしゃれー。円形の空中遊歩道でしょうか。



東名に乗れば、もう浜松まではすぐ、ではないですけど帰途についたって感じで、あとは安全運転で帰るだけですね。交替で運転するのでそんなに疲れないドライブです。ラムはいい子で、定位置でゴロゴロしてますし、ほんとに車酔いしない子です。


それでも家に着いたのが9時頃になってしまい、さっそく一眠りするラム。長いドライブを良くがんばったねえ、えらかったよ。



DSC05052.jpg



こうしてみると、だいぶきつね顔になってきましたね。なかなか熟睡顔を見せない子なので、こんな写真とれたのめずらしいです。このあとしっかり夕飯フードは食べましたけどよっぽど疲れたんでしょうね、ごくろうさま

リトルワールドへ行きました。 

ラム母のフードきらしから、人間食を2食摂取することになったラムです。翌日もゲリすることもなく、それなりのものを出し、人間のあまりものと雑食で生きのびてきた日本犬としての片鱗を見せてくれました。
これでいつ災害が来て、フードが手に入らないなんてことになっても大丈夫ねえ。お母さんのごはんを半分あげるからね。
ここ浜松は、しっかり東海地震想定区域内に入っておりますからねえ。いざという時の備えやら、防災訓練やらは他地域よりもバッチリされておると思いますよ。しかしそれでもとりあえず目の前にあるもので命をつないでおかなきゃならんという事態も考えられますでね。
仔犬の時から、カリカリフード一筋で成長してきたラム、食べたそうにはしていても、人間食が体にあわんということももしかしたらあるかもしれない、この際そういうことも試しちゃいましょうと、夕食だけならず朝食まで食べさせちゃいました。しかもいっそうの手抜きですが、ごはんに味噌汁の具だけ。じゃがいもとワカメですが、うっすら汁がついているのがおいしいのかモリモリと食べます。犬に必要な栄養なんてほとんどないものですが、おなかはこれで満足したみたい。こりゃいざという時のサバイバル食として使えるということで試食を終えました。





そんなラムは遊びもサバイバル?で、今年一番暑い日だった金曜日、犬山のリトルワールドに行ってきました。



画像行方不明



まずは顔はめ、ンデベレ族。こういうの見ると絶対やりたくなります。



DSC04966.jpg



沖縄の家で、サーターアンダギーを食べて、30分もしないうちに台湾ラーメンを食べてるんですからね。これはセットで700円です。ラムはもちろん記念写真のみです、こんな時ばっかり食べ物のそばに座らせられて気の毒。
暑さのせいで水をガブガブ飲むラム。あー水ぎらいの子なのに。やっぱり生き残りをかけて体が要求するのですね水を。そんなことでいたく感激する私達でした。



DSC04967.jpg



アンデスのリャマ君と。同じ茶色どうしだよ、仲良くしようよとラム。けっこう見つめあっていました。



22.jpg




リトルワールドといえば、各国の衣装が300円500円で着れるところ。バリ島の衣装がステキだから着たいという私に、サイズが無理でしょうというラム父。
あのーLLサイズってあるんでしょうか、とたずねてみると、大丈夫ですといって、すぐに体にまきつけてくれました。どうやらマジックテープで、かなりな太さまでフリーサイズのようでした。
どう、どうよ?お母さん?というと、ケッっという表情をラムがしたのは気のせいでしょうか。



DSC04972.jpg



イベントの始まる前日ということもあってガラガラでした。他のワンちゃんも一匹もあわず、そりゃこんな暑さじゃ犬も人間もまいりますよね。
ラムはアスファルトは、ラム父にだっこしてもらいましたので、父娘のきずなが深まったのじゃないかしら。
途中の川では足ぬらしに挑戦させたりもしましたし、自然がいっぱいで良いところです。
hpについてる丸特クーポンは使えますね。これでだいぶお安く遊べました。