FC2ブログ

ご近所のペット観音 

いつのまにかこんなのができたんですねえ。ペット観音。最近散歩の時に見つけたのですが、なんかうれしい。さっそく記念撮影。




DSC05452.jpg


ふんふん、これがペット観音かあ。最近のペットブームにあやかってるかなあ。愛犬家愛猫家にはうれしいですけどね。鳥とか金魚でもいいのかな。たぶんペットならなんでもいいんでしょうね。



さあ、ラムもっとご利益があるように近くに行きなさいって。


DSC05455.jpg



近すぎてバチがあたっちゃうよーー。そんなところにラムをのっけたラム母にバチをあててくださいっ。








DSC05457.jpg


この池は、「心」っていう字をかたどって造ってあるのねえ、心が洗われるわ。




それじゃもっとお寺の奥まで行ってみましょ。あらー、きれいなツワブキが咲いている、そしてそこに小川が流れているわ。







なんとそこは、ビオトープでした。







ああ、今日もきもちのいい散歩ができました。





そして夜は♪ ♪  ♪




DSC05481.jpg



吉田拓郎&かぐや姫のつま恋コンサートをノリノリで見るラム母。中年以降の方々にはうれしい企画ですね。






そして中年といえば、私の使っているこのパソコンもパソコン界の団塊の世代。あちこちにガタがきております。
今朝も、このブログを更新中、意味不明なガルガルガガーという音が内部から響き、私の蚤の心臓が飛びあがりました。とうとう恐れていたクラッシュか、ためこんである画像もパアか、と目の前がまっくらに。あわてて、画像がCDに焼きました、ふーー危機いっぱーーつ!!
思えばこのパソコンは、かれこれ5~6年前にラム父が


オレはパソコンの勉強がしたい


いいですか、パソコンを使って何かを勉強したい、ではなく、ただ単に、パソコンとはどういうものか勉強をしたいという意図のもとに購入をしたもの。
そういうあやふやな想定のもとに購入されたものの宿命として3ヶ月で押入れに収納と身となっておりました。それを私が買ったものを無駄にはさせないという主婦の本領を発揮してポツポツ使い出し、このブログを初めてからは、ほぼ毎日、酷使されるというふうになってきました。ですのでようやく元はとれてきたかな。
しかし電器屋さん的には、パソコン寿命は3~4年とか。え~そんなに短いの。だいたい修理にお金かかりすぎるってば、まだ修理に出したことないけど、だからどうしても必要な人は、次々新しいものを買ってしまうことになるんでしょうね。
でもうちは多分買えません、これが壊れたらそれっきりです。そしてブログの更新もできなくなっちゃう、携帯からとかネットカフェからとかやり方はわからないですしね。
ですので、一ヶ月も更新されてなかったら、ラムは元気なんだけど、パソコンが壊れちゃったんだなーと思ってくださいね、皆さん。



スポンサーサイト

ワーイ とうとうおまけのフード 

毎日口にするものといえばサイエンスダイエットプロ一辺倒のラム。よくあきないもんです。途中モニター用のチキン味のを500グラム食べましたけど、それもラム母のほうが、同じのばっかじゃ買うほうもあきるという、勝手な理由でしたし、ラムは替えてくれーとかなにも文句は言ってないんですよ。



DSC05426.jpg




そして、これが集めたシール、10枚がたまってます。さあ、これで1袋がタダでもらえちゃうのです。サイエンスダイエットさん(さん?)もどんどん買ってもらえるし、こちらもおまけがうれしい、一挙両得の企画です。
他でも、同じようなことをしてるメーカーもありますけど、なぜにうちはプロなのか。
これは近所の獣医さんのおすすめだからです。なにかフードによって問題があった時にメーカーとして適切な説明をしてくれるのが、このサイエンスダイエットプロなのだそうです。そしてあまりいろいろフードをかえないのは、アレルゲンの種類を少なくするため。お医者さんの言うことですから、生き物なら病気にもなるしアレルギーにもなるかもしれない、その時にスムーズに治療ができるようにということだと思います。
そこまで心配しなければ、適当に気に入ったのを買ってきてもいいしとも思うのですけれど、今のままでとりあえずやっていきます。さあ、またシールを集めなくっちゃ。





DSC05427.jpg


これがおまけでもらった、3キロのフード。いつも試供品のフードも2つくれるんですけど、同じ種類をくれるのがうれしいですね。これじゃお試しの試供品にはならないけれど。



            



これ関係ないんですけど、ラムに雨よけシャツを着せようとしたら横着にも寝っころがって着せてもらったんですって。うちら甘やかせすぎでしょうか。
ついでに柔軟体操させてみましたけど。









別にラムの足を強くしようとか、服従の態度を教えようとか、そういう意図はまったくなし。ただラムに触っていたい、ラムで遊んでいたいという、こちらの都合で触っています。



ラムの迷惑顔がそれを証明してますが、仕方ないじゃない、だってラムがゴロゴロしてる姿がかわいいんだもん。

再びミス日本に 

トリミングサロンに行くたびに、まるでミス日本のような美犬になったとさわいでいる、親バカ飼い主です。以前はこちら、今年の1月でした。
まあ柴ですからね、別にトリミングが必要な犬種でもないし、シャンプーも家でやってれば充分なんですけれど、なんとなく予約をしてあったので行ってきました。
ここはリーズナブルで仕事が丁寧なせいで、予約で3ヶ月先までいっぱいなのですって。




DSC05414.jpg

トリマーのお姉さんに捕獲され、あせりまくるラム。






DSC05415.jpg

覚悟を決めたラム、まだ手足がつっぱっているけどね。





そのあと肌の様子を見てもらいました。数日前ラム父が、ラムの肌からフケのようなものが出ていたというので、念入りに調べてもらいました。
しかし異常はないようで、シャンプー開始。
その後、ラム母は用事があり、ずっとついているわけにはいきませんでしたので、3時間後お迎えに行くと、隣の部屋ですっきりとした様子で待っていました。
トリマーさんの報告によりますと、おなかと胸に小さな赤い点々があったけど心配はいらないとのこと。そしてシャンプートリミングしている時とお迎えで待っている時もとってもいい子だったとのことでした。ウンウンさもありなん、自慢気にラム父にそのことを言うと、前回もおんなじことを言われたなあとのことで、まあ柴にしては暴れなかったしというくらいのことかもしれません。


これがトリミング後のお顔。えっ、どこが変わったかって。よく見てください、無駄毛が1本もないでしょうが。目の上の村山さん眉毛は残してもらいました。

DSC05419.jpg








きれいになったところで、新しい服でも着てみるかね。ちょっと色っぽいチャイナドレスです。

DSC05416.jpg




ラムの細腰にシルクのドレスがよく似合う~やっぱりホリプロに写真送ってみようかな。
犬一匹でこんなに楽しんでいいもんでしょうかしら、私達って。

ホリプロわんわんスカウト合格? 

土曜日に遠州灘公園でわんわん秋祭りってイベントがありましたので行ってきました。
土・日曜はなかなか仕事を休めないラム母ですが、これは行きたいと思って、1ヶ月も前からお休みを取っていたんです。
10時からなので、おにぎりを持って9時半出発。さあラム今日はいろんなワンコに会えるといいね。
最初まちがえて違う公園に行ってしまったので、ついたらさっそく愛犬のしつけ教室みたいのが始まっていました。おおー、しつけ。ラムには久しぶりに聞く言葉でしょう。でもこういうところにわざわざやってくるワンコ達はかわいがられてしつけも行き届いてる子ばっかりみたい。ガウガウやったり暴れたりする子もいなくてとっても安心です。ご近所では見たことのない大型犬もチラホラ、めづらしーー。
しつけ教室ではワンコの挨拶を教えてもらいました。
まづ飼い主さん同士が挨拶、そして年を聞いてみましょう、その時に自分の年を言わないようにね、ワンコの年ですよー、というジョークをまじえて、インストラクター(?)のお兄さんが丁寧に教えてくれます。
そして年下のワンちゃんがまずお尻のにおいを嗅いでもらう。それから相手のお尻を嗅がせてもらう、・・・・のですが、これがラムには大変苦手なことが判明しました。最初のワンちゃんは年上だったため、私がおなかから持ち上げるように相手のワンちゃんの鼻さきにラムのお尻を向けようとするのですが、体をヘヤピンカーブのようにおりまげて、相手犬をにらみつけ威嚇するラム。ああっそれじゃ、相手犬がびっくりしちゃうからダメなんだってば。しかたないなあ、じゃ次嗅がせてもらいましょ、と今度は反対になっても、ものすごく嫌がって暴れるラム。はあ~、またもやダメか。
普段からワンコ同士の挨拶がうまくいかないなあとは思っていたんですけどね、お尻のにおい嗅がれるのは嫌、嗅ぐのも嫌ということで、いきなり正面から向かっていくのがまずかったようです。






DSC05389.jpg


それでも3匹目のワンちゃんとは、なんとか形がついたラム。これからお尻クンクンをいっぱい練習しようね。





そのあとは、競技の説明です。
いちおうデモ犬として、へっぴり腰で挑戦しましたよ。恐がってるようすがデモ犬としてピッタリだったかな。でも無事やりとげて拍手をもらいました。
となりにコイケルのジョン君がいたのでご挨拶、ときどきブログ見させていただいてるんですよね。



DSC05392.jpg







そしてこのイベントは、知らなかったのですけど、ホリプロのタレント犬のスカウトキャラバンなのですって。へえ、そういう目的できてるワンちゃんもいるんですねえ。


画像行方不明


あら、かわいい柴ちゃんも写ってた。これがキャラバンのポスターです。



突然知ったけどおもしろそうなので参加してみました。
合格条件その1 見た目がかわいいこと、これは今日の子全員合格だそうです(笑)
その2 他の犬がそばを通っても興奮しないこと
その3 知らない人が触っても嫌がらないこと
その4 15数えるあいだ待てができること


5頭づつ審査されます。さきほどのお兄さんが、はいキャバリアちゃんとフラコーちゃんとなになにちゃんと、と(さすがに犬種を見極める目は確か)といいながら合格を決めていきます。まづ5頭の中の1頭がみんなのそばを通る、次にインストラクターのお姉さんがワンコを触りにくる、そして飼い主と離れて待て、15数えますが早口なので5秒くらいかな。
そしてラムの番ですね、あの犬種の見極めの確かなお兄さんが迷った。

柴ちゃんですか、ミックスちゃん?


豆柴です、というと「ああーー、豆柴ちゃんね、豆柴ちゃん」と連呼するお兄さん。そうです、豆柴なんです、ちょっとわかりづらいと思うけど。



DSC05399.jpg


お姉さんに触られるラム、女の人は好きだから大丈夫よね。




そしてラム無事合格です。そのあと予備登録みたいなのをして、正式な申し込み書を渡されたんですけどね、お金もかかるみたいなんで、やめときました。



DSC05413.jpg


これが合格書。将来タレント犬にして、この子に食わしてもらおうかしらと一瞬考えた自分がこわいです。





最近あんまり大勢のワンコのいるところにいってなかったラム。心身ともに疲れたみたいで家に帰ったら、こんなかっこで爆睡になりました。なにかとごくろうさまラム。あんたに食わしてもらおうとは思ってないから大丈夫だよ、いまのところはね。




DSC05407.jpg


母の胸に新たな野望が芽生えたのもしらず、眠りこけるラムでした。

それだけはやめてほしい 

きのうの夜、このブログを書いていた、さあもう少しで終わりというときになって、なんと本文がすべてとんだ。なにがどうなったのかしら下書きで書いていて、何度か保存を繰り返しといつものようにやっていたのだけれど、確か画像を入れようとした時だったかな、画面が変わって戻ってみると、画像だけが入っていて、いままで書いていた本文がどこにもない。まぎれこんでないかあちゃこちゃ探したんですがねえ見つからない。知らないあいだに一瞬停電にでもなったのかしら。それにしても下書きで保存した部分は残ってなくちゃいけないのに、こんなこともあるんですね。何が原因かはわからないけれど。



こんなこともあるんですね、第2弾。
おとといの晩、リビングでテレビに夢中になっていた私の耳に、ラム父の部屋からものすごい悲鳴があがっているのが聞こえました。つれそってン十年、あの声はラム父の体の苦痛からの声ではないと判断した私、それじゃ今部屋にいるラムになにかがあったのかなとラム父の部屋にかけつけました(そんなに広い家じゃないんですけど)
そこで見たものはラム父が、夕方の散歩で出したウンPの入ったビニール袋を持ってる姿。しかもその中身のほとんどは


ラムに食われている


私達がテレビを見ているあいだ、静かに気配を消していたラム。そのあいだ自分のウンPをラム父の部屋でゆっくり味わっていたようです。
部屋中になんともいえないこうばしい匂いがたちこめていました。いつもさっさと片付けているウンPですが、この日は忘れて散歩袋ごと玄関に放置されていたんですね。
自分のウンPを食べるのは犬にとってはいけないことではなくて、ラムも仔犬の時にはよくやったし、それで怒ったことなどなかったのですが、大人犬になってからはやらなくなっていたので、こちらも油断してました。
その後の歯みがきと口の洗浄はきっちりやらせてもらいましたよー。




こんなこともあるんですね第3弾。
最近は、ラム父のベッドを占領することも多いラム。私は、ラム用ベッドで寝てほしいと思っているのですが、ラム父が犬と一緒に寝たい人で。そんならご勝手にすれば~と黙認をしておったのです。
そうしたら先日のこと、ラム父が言いいにくそうにやってきて、ラムがとんでもないことをしたから部屋をみてくれというんで、なーにまた出窓に乗っておりられなくなったところを見せたいのかな、というくらいのつもりで行きました。
これも以前、ラムがとうていジャンプできそうもない高さにある出窓に飛びあがってしまい、今度はおりてくることができずに、上でうろうろしてるのを発見したことがあるんですよね。いったいいつからいたんじゃーー。そこの窓は常に網戸だけはしてありますけど、万一開いていたらとゾッとしました。
で今回はそうじゃなくて、ラム父の羽毛かけふとんに大きな穴がふたつ。あらまあラムが穴掘っちゃったの?針の穴があいても、羽毛の小さなものが出てきちゃう羽毛ふとん、これは治しようがないでしょ。これから寒くなるってのに涙をのんでゴミにしました。





DSC05367.jpg


あれー、あのふとんがゴミになってる。
そうだよ、今日からお父さんおふとんがないから寒ければラムをだっこして寝てもらうわよ。





DSC05369.jpg


ごめんなさい、お母さん。
いいのいいの、ラムのせいじゃないから、お母さんたちがもっと気をつけるからね。






まだいろんないたずらをやってくれそうなラムです。犬は赤ちゃんと思って、いたずらされそうなものをそばに置かないことが大切ですね。

ちょっと恥かしい実験 

先日のラム、足疾患問題につきましては、多くの方々に心配していただきました。
それで、ラム父検査による、足がおかしいんじゃない疑惑について、ちょっと様子を見たうえで、2日後病院に行ってきました。もっともフィラリアとフロントラインをいただく時期でしたので、足のことはついでに~というくらいのノリです。
病院について、診察室から患者犬が出てきました。ちょうど柴犬くんでしたけど、その子に思いきりほえられるラム。黙って耐えたラムですが、抱き上げるとものすごい心臓のドキドキが伝わってきました。そうそ、ビックリしても吠えないでえらいぞラム。マンション住まいの私達。無駄吠えをめったにしないこのラムのがまん強さに助けられています。まさに運命の犬ラムです。(運命の犬ディロンのパクリです)
診察室で、あのーちょっと足見ていただきたいのですが、といって自転車引き運動やったあとに、どうも足が、と説明する私。触診しても異常はないそうです。やったーよかった、これで安心です。そして犬の体図鑑とかの資料をいろいろ見せてくれる先生。自分の体のジェスチャーで、膝がはずれるとこうなります、治すときはこうです、と詳しく説明してくれる先生。
万一膝や大腿の手術となったら、専門医を浜松に呼んで最先端の医療もうけられるとのことで、心強いことこのうえもありません。
さらにサプリの使用についてもいろいろ教えてもらいましたよ。そして一番の今回の問題と思われる自転車引き運動については、やっぱりおすすめはできないとのことです。交通事故の心配があることと、自転車のスピードでの散歩は通常の犬には早すぎるとのことです。スポーツ選手に故障が多いのと同じ理屈ですね。若いうちは筋肉があるので耐えられても、年取ってからその無理がたたってきますとのことでした。
それで適切は運動とは、人間が早足で歩くくらいのスピード。そして足腰を鍛えたければ砂浜歩きだそうです。へー、そうなんだ、あの足にからみつく砂がよい負荷になるんですかね。



DSC04733.jpg


ちょっと前に、遠州浜に行ったときの写真。これからは、ここをホームグラウンドにしようかねラム。






ここから本題です、いつも前置きが長いですね。

ここんところ雨の多い、遠州地方。みなさんは愛犬のチーはどのようにされておられるでしょうか。柴系の子は外チーの子が多いのではないかと推察しますが、我が家のラムもいまや絶対の外チー派です。もちろん、仔犬の時にはオションシートにするしつけをし、素直に守っていたものですが、散歩にでるようになってからは、序々に外チーの気持ちよさになれ、飼い主としても、まっしようがないかあ、シートにしないからとほっておいて膀胱炎にでもなってもいけないしと、散歩でチーを許しているあいだに、もう絶対にオションシートにするっていうことがなくなってきたのですね。
最後にオションシートにしたのはいつだったろう、なにしろ避妊手術のあとも、まる1日以上がまんしてて、よたよたとしながらもたまりにたまったものを外でしかしなかったラムです。



しかしです、本日は雨、しかも私にやることがあり散歩に行く時間がない。ラムや、今日だけはオションシートにしてもらうわけにはいかないでしょうかしらとシートをヒラヒラさせてお願いするも、いうことを聞かないラム。そらそうだ、今までだって何べんお願いしたりなだめすかしたりしたって、このうちこっちが根負けして、お散歩に連れだしちゃうことの連続だった。
だからラムとしてはちょっと待ってればいいだけの話なんですよね。う~んそうしているうちに時間は立ってくる、ラムおなかパンパンなんじゃないの。恐くてダッコもできないよー、とやっぱりこっちがねを上げそうになってくる、ラムがくんくん言いだした、もうここまでか


その時私の頭にとんでもないアイデアがひらめきました。この頃におい付きオションシートって売ってるなあ。そのにおいっておしっこなのかなあ、それに誘われて催すってことなんですかねえ、じゃこのシートにおしっこのにおいがついてればラムもやるかも。
ああ、ラムのおしっことっておけばよかった。でもないし・・・
こうなったら、わたしのオシッコで代用しましょう(恥)
トイレにもっていって、オシッコちょびっとつけてみました、それをラムの鼻さきにもっていったら、思い切りクンクンしてる。大丈夫かラム。
それを床においたら、またクンクンしたあと、おおっラムが回転しながら位置を決めようとしている。そしてジャーっとやってくれました。バンザーイ量が多くてだいぶ床にこぼれちゃったけど、いいのいいのそんなことは。
しかしすごいなあ、私のオシッコ。







DSC03388.jpg


オションシートでしかしなかったころ、こんな時もあったのよねえ、懐かしいわー。

自転車引き運動 その後 




DSC05347.jpg

こちら浜名湖の夕日でございます。うちから車で30分ほどで、こんなところにこれるんですよね。ここも市内ですし、ガーデンパークはここから5分です。


ちなみに地図です。

DSC05350.jpg

クリックで拡大できます。目のいい人は文字も読めます。

下の方のピンクで現在地と書いてあるところにおります。橋の上なんですごく景色がいいです。



DSC05348.jpg


ラムに雄大な浜名湖見せようと思ってわざわざ来てるのにねえ、全然夕日とかに感動しないんだから。夕日に向かって、立派な柴になる決意とかしようと思わんのかしらね、下向いて匂い嗅ぎに忙しいみたい、確かに潮の香りとかめずらしい匂いがいっぱいですものね。




ここまでは前振りでした。久々病気・けがのカテゴリーで書くんで、心の準備が必要でした。
数日前の夜、ラム父が突然言い出しました。ラムの足がおかしい。


今日、なんか特別なことしなかった?というラム父の口調はすでに詰問調。別に~いつものように自転車で散歩に行って~、という返事におっかぶせるようにして、それだ


それだってどれだ?って一瞬思いましたが、あきらかに自転車引き散歩のことですよね。
ほんとにほんとにラムの足変なの?ってたずねる私の膝のほうがガクガクしそうでしたショックで。
さっき見てたら歩きかたがおかしかったといい、自分の部屋に連れていっていろいろ検査(?)をしているラム父。しばらくして出てきて、どうやら左足だなと言います。ちょっと足を下につきにくくしてるような感じがあったそうです。
え~っ、全然気づかなかった。自転車引きを初めてから、毎日ちょっとづつ距離をのばして、今日は少し遠いところまで行き、またそこで思いっきり遊びをし、確かにかなりの運動にはなったでしょうけど、足を痛めるまでやってしまったなんて。とうとう豆柴の宿命とも思える膝の疾患を招いてしまったのかしら。ラムのように足の細い子は気をつけなきゃとおデブにならないようにと気を配っていたのに、なんということだろう。
明日病院に行ってきますという私に、そうしてくれ、そしてもう自転車禁止とラム父にいいわたされました。
そりゃそうだ、これ以上ラムの足を悪くさせるわけにはいかない。ラム母の野望であるラムとの富士登山もあきらめよう、そして毎日の長い散歩も自粛しよう、なによりラムに痛い思いはさせたくないもの。


ラムにかわいそうな思いをさせてしまったとショボンとしながら洗いものをしていると、まだしつこくラムの検査を続けていたラム父が部屋から出てきた。
膝や足を触っても痛がることがないので、たいしたことはなさそうだから少し様子を見たらという。さっきと言うことがちがうじゃんと腹が立ちながらすごくホッとする私。ラム父が言うには、急に自転車引き始めたんで筋肉痛になったんではないか、今まで使ってなかった筋肉を使うようになって、との見解だそうです。私もラムをなでまわしてみて痛がることのないのを確認して二人で喜びました。
そして念のため自転車引きはせずに散歩のときには、ラムの歩き方は今までより注意深く見ていますが、今のところ大丈夫なようですね。
それにしても早めに異常に気づいてくれたラム父はえらかったです。







DSC05353.jpg


父母のあたふたに、ラムもお疲れか。
明日は、フロントラインもらいに病院に行くので、膝も見てもらおうね。避妊手術のときに、ついでに膝がゆるいことはないって言われてるけど、念のためにもう一回ね。