FC2ブログ

モグちゃんと再会 

押し詰まってきましたっていうか押し迫ってきました年の瀬。その年の瀬だからこそやらなくてはならないことがある。
それは大掃除、それともお節作り?いえいえラム家の場合、ペッタンパッタンお餅つき、なのです。
今時臼と杵でお餅をつける機会はそうそうないと思うのですけれど、幸いなことに去年から、お友達のところで餅つきをさせていただいています。ですので今回で2回目でした。そしてそのお宅では、柴mixのモグちゃんという男の子がおり、その子に再会できるのをラムも楽しみにしていたのです(と思う)。





DSC05751.jpg


ご挨拶がわりにモグちゃんのバックから忍びよろうとしてるラム、怪しすぎないか。うまく匂いはかがせてもらえるのだろうか。






画像行方不明

かわいい坊ちゃんに割り込まれ、あわてて離れる2匹。ベタなラブシーンを見てるようだわ。一人気をもむラム母です。



若い2人はほっておいて、とお見合いの席でのおばさんのような言葉を残し、本日の2つ目の目的である餅つきに精を出したラム父母です。子供の頃餅つき経験のあるラム父の杵さばきは問題なかったものの、餅の手がえしは去年が始めてだったラム母。今回2回目ですが、蒸したてのもち米を手で返すのですから、とても熱いし素人では無理なため、最初だけ慣れた方にやってもらいましたが、その後はやりました。ラム父との息があわず、手の甲に杵を打ち込まれるのではという危うい場面を数回へて、ようやくふっくらなめらかなお餅ができあがりました。





DSC05749.jpg



一臼2升つけるので、1升づつの伸し餅にしてもらいました。






DSC05747.jpg


つきたてのお餅をおなかいっぱいごちそうになりました。外で食べるってのがなんともいえず楽しいんですよね。





DSC05746.jpg




お部屋で、お餅を休ませたあと、いただいて帰りました。その後家で小さく切り分けて、冷凍保存にしました。今冷凍庫はお餅でいっぱい(笑)ちなみにこの2升のお餅、今年は、4ヶ月くらいで食べてしまいました。売っているお餅ならそんなに食べないんですけど、とにかくおいしいのです。
これで良い正月が迎えられます。どうぞ皆様も良いお年を!そして来年もよろしくお願いいたします
スポンサーサイト



遊びながら歯みがき 

今日は、久々に映画を見にいってきたラム母です。名犬ラッシーでも見るかなと行ってみましたが、やってなかったんです。私達世代では、頭のいい犬というと一番にラッシーがうかびますね。コリー犬=賢いという感じですが、最近だとレトリーバー系が、盲導犬を始めとして人間の役に立つ犬というイメージがあるかな。そういえばポチたまで人気のまさお君もラブラドール・レトリーバーでしたっけ。先日7歳で急逝してしまって残念でなりません、もうすぐ追悼番組もあるようです。
ところで映画ですが名犬ラッシーがだめなら、犬つながりで「犬神家の一族」を見てきました。30年ぶりのリメイクだそうです。感想は・・・そうですねえ、30年前のもよかったからね、今度のもよいですよ。





話は変わって、ラムの歯みがきの様子もちょっとご紹介したいと思います。通常は、皆さんも愛犬の口は歯ブラシでみがいたりするんでしょうね。うちも、仔犬のころから、ラム父母のお古の歯ブラシでシャコシャコ磨くのは日課にしておったのですが、口を開けっぱなしにしておいてくれれば問題はないのですが、どうしても歯ブラシを噛んでしまうくせがなおりませんでした。それならば、すこし道具をかえてみましょうと、今使っているのはこれです。





DSC05740.jpg



なんだと思われますか?そうですタダの手ぬぐいです、お祭りの時に配られるやつ。私が持ちやすくラムも噛みやすいように両端をダンゴ結びにしてあります。













そしてこれが、磨いているところの様子です。手ぬぐいを噛ませてシュッシュッとやります。おダンゴになってるとこをもカミカミさせて。これでどの程度きれいになる効果があるのかは、未確認ですがやらないよりはいいでしょうし、獣医さんにも歯がきれいだねえっと褒められてますよ。なにより遊び感覚で楽しくできるので気にいっております。






DSC05744.jpg



ラム釣りも簡単にできます。フードを食べたばっかりですのであんまり激しくやるのはNGですが。

食器のベタベタ 

みなさま、メリー・クルシミマス
えっ、クリスマスじゃないのかって?まあそうともいいますが、この年になると、そんなに楽しいものでもないですし、歳末の慌しさに拍車がかかるだけって感じですね。







画像行方不明

そうそう、それでいいのよ。ラム家では、もうクリスマスなんて行事は削除されてるんだからね。あんたにもサンタさんはこないけどね。




でもラム母のパート先の社長さんは、毎年クリスマスにはケーキをくださる。なんか、クリスマス完全削除はむずかしそうです。






DSC05737.jpg


お酒のおつまみにもなるチーズケーキって、これを肴に酒を飲むラム父の味覚もどうかなと思います。でも味はおいしかった。




今回お伝えしたいことは、こんなことじゃなくて、愛犬の食器を皆さん、どのように洗っておられるでしょうか、ってことでした。犬のつば、よだれってすごく粘着力がありますよね。



DSC05738.jpg


食べおわってもベロベロをやめない、いやしんぼラムですので、食べ終わった食器は、みごとによだれベットリで、普通のスポンジでこすってもとれやしないんですよね。それに洗剤とかみがき粉とかなるべくつけたくないですし。
以前は、ちょびっとジフとかつけてキュコキュコ洗ったり、まあ少しくらいベタベタ残ってても良しにしたりであきらめていたのですが、どなたかのブログで、アクリルの毛糸であんだものでこすると、よだれもよく落ちますと書いてあるのを見まして、スーパーで買ってきましたのがこちら。







DSC05739.jpg


お湯だけで油汚れも落ちるようなことが書いてあったと思います。だまされたと思って、ラムの食器を洗ってみたら、けっこう感動的にキュッキュッてなりまして、それからずっと使っていますよ。皆さんはどうやって洗っているのかしら、お困りでしたら、こんなのためしてみたらいかがでしょうか。




レインコート買おうかな 

まだ北風ピープーというほど寒くはないんですが、いくらかしばれるなーという朝夕もあるようになってきました。皆様の愛犬はかぜなどひいていませんでしょうか。
今日は、ラムをシャンプー後、タオルドライして、あとは自分の体温でかわかしなさいと、ほっとおいたら、寝たまま震えているのを発見して、あわてて起こしてドライヤーをかけてきっちりとかわかしました。危なかった、もしかしたらそのまま風邪をひかせ肺炎から入院という大変なことになったかもしれません。
シャンプーあとに、ドライヤーでかわかすというのは、最近までやっていたのですが、ここ2~3回は自然乾燥にまかせていたんですねえ。陽気のいい日の午前中にシャンプーするので、なんなく乾いていたような気がしたのですが、さすがに師走の半ばともなればもう無理のようです。





話はかわりますが、ペットフードの会社から、プレゼントのはがきがきたので、先日近くのペットショップへ行ってもらってきました。




DSC05721.jpg


ブランケットでした。サイエンスダイエット・プロ・クラブって書いてあります。これで今年の冬は暖かくすごせるわねラム。ブランケットをもらうついでに、お正月用の振袖も購入したラム母でした。見た感じはオッケーだと思って試着をしないで購入したのが間違いでした。長さはいいのですが胸が入らない。それもそのはず、なんとミニチュアダックス用でした(笑)サイズがあわなければ交換してくれるそうなので、またさがしてみましょう。





今年はお天気がくずれる日が多いようです。レインコートを持っていないラム。いつも適当なものをひっかけて散歩に行きます。たとえばこんな感じ。










DSC05719.jpg



この迷惑そうな顔がなんともいえませんねえ。








仔犬の時に一回シースルーレインコートでお出かけしたことがありました。



画像行方不明


ラム母の力作、浜松ゴミ収集ご指定の特別素材を使用した、完全防水加工です。この時は、玄関から出て、地面につくまでの間に使用不能の状態にラムがしてくれました。それ以来無駄な努力はやめてますが、体格もさだまったことだし、そろそろちゃんとしたレインコートを買ってあげようかしら。

ひとりで爪切り 

今日から、このプレートにしてみました。
数ある中のいろいろのテンプレートを試してみましたけど、どれも老眼の目には文字がちいさかったり、色が薄すぎて見えなかったりするんですよね。それはラム母の使っているノートパソコン自体が画面が小さかったりということもあるにしても、やはりこういうブログをやるような方は、若くてしゃっきりした視力をお持ちの方が対象だからでしょうか。その中では、こちらのテンプレートは見やすくてお借りすることにしました。ずうずうしいですけど、こういったものを無償で作ってらっしゃる方にお願いでーーす。目が弱った人にも使いやすいはっきりくっきりとしたステキなデザインをこれからも作ってくださいませ




さて最近のラムは、あんまり暖房もつけない室内において、このようにダンゴ虫のようになって寝ていることが多くなってきました。そうそう、あんたは立派な毛皮を持っていることだし、濡れた鼻づらが寒ければ自分のしっぽで巻いて温めていればいいのよ、誰に教わることもなく、風邪を引かないように自分で身を守っている姿がいじらしいです。


DSC05697.jpg




こう書いていると、ラム母はまったくラムの世話をしていないように受け取られるかもしれませんがそんなことはありません。

たとえば、今月号の「いぬのきもち」(よくいぬのきもちを持ち出すなあ)に爪切りのやり方が載っていましたのでやってみました。爪切りは、ほとんど自宅でやっているのですが、それはあくまで夫婦2人の共同作業でした。ラム父がラムをだっこし、おやつで釣っているあいだに私がシャキンシャキンとカットします。だから1人で出来るとは思っていなかったのですけれど。




DSC05715.jpg


ほーら、中にこんな写真が。トリマーさんに押さえられているスピッツちゃんのおとなしそうなこと。うしろ足からやるのがコツと書いてありますし、長持ちしそうなおやつを食べているあいだにやれば大丈夫のようです。
それでさっそくラムの一番好きなおやつ、ほねっこを1本取り出してきました。1本まるまるなんてめったにないですからねえ。ほねっこを見つけるとクレッそれクレッとラム大興奮。落ち着くまでしばらく待って、いよいよひとり爪切りを開始です。ラムにほねっこを与えて、うしろ向きにしてがっちりと脇で挟みましても、ラムほねっこに夢中で暴れません。さあ後ろ足を持ち上げてシャキーン。おお、これはラム父にだっこしてもらっている時よりもなぜか切りやすいです。爪の角度がちょうどいいんでしょうか。右足4本切り終え、左足にチェンジ、あと1本というところで、ラムが暴れ始めました。どうやらほねっこを食べおえたようです。初めてのひとり爪切りで7本の爪が切れちゃうだなんて上出来ではないでしょうか(うぬぼれ?)さあ、続きはまた明日だねえ、かえって前足のほうが手こずるかもしれませんが。


ひまだったので、もうひとつ実験を。やっぱり地震の恐いラム母、地震の時には、ラム父母は建物につぶされてもラムだけは無事に逃げておくれと願っているのですが、運良く親子3人で逃げられたときに、ラムを入れていくクレートがないラム家です。唯一使えそうなのが仔犬の時に使っていたこのバッグ。
なんとかこれに入っていってもらえないだろうかねえ、ラムさん。





DSC05713.jpg


う~ん、どれどれ試してみるねー








DSC05712.jpg


無理にきまってんじゃぁーん


はあ、やっぱりねえ。でもそこをなんとかダンゴ虫になってしつこいか。





それでは、ついでにこの間お蔵入りなった、恋するラム恋犬りゅう君の前の恥じらいでも見ていただきましょうかしら。












フラダンスできそうなくらい腰をクネクネさせるんですよね。色っぽいわよラム!




ドギーパークとお試し宿泊 

最近、ラム家ではラム母だけが楽しんでいるのではと疑念をお持ちの方も多いことと存じます。
そんなことはないことを立証するためにも、ラム家全員で楽しんできました今回の一泊旅行の様子を見ていただきたいと思います。


まず、日曜日に行きましたのは、富士スバルランド手前にあります、ワンちゃんの聖地ドギーパーク



DSC05616.jpg



12月に入ると入場料が安くなるんですねえ、しかも今日はプードルディ。プードルのワンちゃんは入園料はタダなんですって。今度はシバの日を狙ってこよう。





DSC05621.jpg


遊園地みたいで楽しいですよ。アジリティショーとかディスクドッグショーもありました。


ドッグランも10コくらいあるのかな。あきずに半日は遊べますね。



しかしドッグランは苦手なラム、今まで上手に遊べたことはほとんどなかったんですねー。











でも、大自然のもと、気分が変わったのでしょうか。ランの中にいたプードルちゃんと遊び始めました。しかしそこが犬同士の遊びになれていない犬の悲しさ、だんだんしつこくなって、プードルちゃんにもう嫌がられているのに気がつかないんですよねーー静止するラム母の声もまったく無視、調子に乗りすぎじゃん。しかしラムを捕まえようとしてるラム母の動きの遅いこと。ラムから捕まってくれなくちゃ一生つかまえられませんな。ラム制御不能につき、そのランをおさらばしました。




別のランには、逞しそうな柴ちゃんが2匹。さあ、ここじゃさっきのようにはいかないわよラム。ガッツリ絞めてもらって身の程を知りなさいな、と心を鬼にしてラムを放牧しました。


















すぐに尻尾をまいて泣きを入れるでしょうと思っていたのですが意外や意外、3匹で楽しそうに遊んでました。しかも今度は際限なしの追いかけっこです。きゃーものすごく楽しそう。思わず、この近くに住んで、毎日ここに通いたくなってしまったラム母でした。





さあ、思い切り遊んだから今夜の宿へ。この宿のことなのですが、実は少し前の、雑誌「いぬのきもち」についていた、体験お試し宿泊です。サンダンスリゾート河口湖




ワンコと一緒にも力を入れているらしく




DSC05630.jpg




足洗い場もあり、部屋の中と2Fの廊下は自由歩行。最初30分ほど、リゾートシステムについての説明があります。
ラム家は入会したかって?
残念ながらノーでした。お金がないうえに、旅行に行ったら上げ膳据え膳でなきゃ嫌というわがままなラム母に、このようなシステムは無理がありました。でもお金があって、料理やあとかたずけも苦にならないというご家族にはおすすめいたしますよん。






DSC05629.jpg



緑にかこまれていいところですし、ただ今専用ドッグランも建設中です。






DSC05649.jpg




翌日は、河口湖ハーブ園など散策したあと、西湖いやしの里根場(ねんば)というところに行きました。40年ほど前に土石流で消失してしまった茅葺集落を現代に甦らせつつあります。もう10棟以上立っていますので、結構見ごたえはあります。






DSC05644.jpg



小腹がすいたので、買った蒸しまんじゅうを縁側で食べます。昔の家にはこうした縁側があって、ひなたぼっこしながらのんびりとしたんでしょうね。
しかし日本家屋には日本犬がよく似合う。観光客のおじさんがラムのことをポチ、ポチと呼ぶので、ラムのニックネームは今日からポチだな、と話し合ったラム父母でした。




そして最後はやっぱり富士山の勇姿を紹介しないわけにはいきません。ぜひクリックしてじっくりながめてください。別に私の山ではないですけれど、なんとなく自慢したくなる、そんな日本一のお山です。




DSC05636.jpg

秋の京都の紅葉などなど 

またまたラムなしのブログです。でも季節的に今しかないですので書きました。
ラム母は、2泊3日で、旅行に行ってきました。
テーマは「大河ドラマ功名が辻」をめぐってその他いろいろ、ということで京都の紅葉初め、日本の秋を堪能してまいりました。いやー楽しかったわ~





DSC05559.jpg



まづ、最初の昼ごはんは、琵琶湖湖畔のホテルでした。そのホテルの前からしてすばらしい紅葉です。湖畔に近づきながら、豆ちゃんとこのまこさんも、このあたり散歩するのかしらなんて思っていました。しかし琵琶湖は超ビッグ。このあたりは大津という南の先端あたりなのですね、サナル湖とはアリと人間くらいの違いがありそうです。




それから京都に向かって、大通院というところに行きました。ふーーん大通院ねえ、知らないわねえ、という感じで説明を聞いてみると。
功名が辻にはまっているラム母、楽しみに毎週見ているのですが、少し前の筋に、我が子のように育てた男の子を、お家騒動の種にしてはならないと、泣く泣く寺にやってしまうという筋がありまして、その場面では、ラム父ラム母ともに泣けてしまったものです。あの男の子はその後どうなったのかなあと気になっていたのですが、なんとあなた、この大通院こそ、その子のやられた寺だったというじゃありませんか。それを知ってがぜんしっかり見る気になったラム母でした。さらに山内一豊と千代の墓もあることから、今演じている上川隆也さんと仲間さんもお参りに来て、その時の様子はこうでした、なんて説明もあって、とっても満足でしたよ。明日の大河ドラマではその子が大きくなってちょびっと登場するそうです、きっと立派はお坊さんになっていることでしょう。



次に行きましたのは、豊臣秀吉の正妻ねねさんの寺、高台寺。すごいこれも立派はつくりですし、紅葉の名所でもあるんですって。しかし混んでいたなあ。さすが京都、さすが紅葉、さすが功名が辻。

下のお抹茶は、秀吉さんが、配下の武将達の団結を固めるために、みんなで回しのみをさせたのを再現してくれたもの。もちろん中身はほんもののお抹茶でおいしいですよ。


DSC05571.jpg




あとは、知らないところ、めずらしいところにも連れて行ってもらいました。
まず、地震の神社。ここらへんは、東海地震の指定地域ですからね、ここが私的には、一番ありがたかったかな。地震雷火事恐いーー。おやじは今は恐い人はいるのかな、そんなこと言ったら留守番してくれたラム父が怒るでしょうが。


ここ、正式名称は大村神社というんですね。三重県伊賀にあります。



DSC05593.jpg




なまづ君にお水をかけてから、神社にお参り。どうか大きな地震がきませんようにパンパンと、これでしばらくは大丈夫でしょう。




信楽の里に行ったり


DSC05588.jpg


たぬ木に群がるたぬきの置物ですって。おもしろーい。



亀山の関宿に行ったり


DSC05606.jpg






お宿は、琵琶湖グランドホテルと美杉リゾートアネックスでした。
下の料理はアネックスです、団体さんの料理ですけど、かなり豪華でした。



DSC05594.jpg




舞台では、歌うラム母です。たまにはへたな人もいないと、場が盛り上がらないですからね、恥を忍んで歌ってます(なんてね)でもほんとへたです。


画像行方不明


そして、今回一番の収穫はこれです。なんだか分かりますか。


DSC05615.jpg




御朱印帖、とうとういただきました。中はこうなってます。



DSC05614.jpg



こうやって、行ったお寺さんで書いていただくのですね。一回300円くらいで書いていただけます。今回の旅行で、5ついただくことができました。これからこれを増やしていく楽しみができました。なんか心落ち着いていいんですよね。