FC2ブログ

もってこい遊びも練習しなきゃね 

なにかと運動量の増大を要求する近頃のラムです。
それじゃ、今月号の「いぬのきもち」に載っていたモッテコイ遊びをやってみようじゃないの、ということでその記事はこちらです。


DSC05345.jpg


おやっ、かわいらしい柴ちゃんがモデルになっています柴でもモッテコイの得意な子がいるんですね。でも犬種でいうと、やはりレトリーバー種やテリア系やコーギーにむいている遊びだと書いてありますね。


ラムにも、モッテコイは何度か自己流でやらせてみたことはあるんですけど、いまくいかなかったです。ドッグランなんかでボールをなげますと、2~3回は取りにいきますけど、そのあとは興味を示さなくなりますし、ボールくわえても、こっちに戻っちゃきません結局こっちばかりが走りまわってボールをさがすはめになります。だから柴系は、こういう遊びはむいてないんだと思ってあきらめかけていました。しかし、上手にモッテコイをする子たちを見ますとうらやましかったですね。そのコミニュケーションの良さといいますか、ワンコも飼い主さんも本当に楽しそうで。



記事を見てましたらできそうな気がしてきて、チャレンジ精神でとりあえずやってみました。
まず特別なおもちゃの作成から。特別なおもちゃとは、モッテコイ遊びの時だけに使うという意味で、専用にしたほうがいいとのことです。しかもいきなりボールとかではなくて、犬と引っぱりっこのできそうなもの。
さいわい以前バーゲンで買ったのがあったなあ、あれをおろしましょ。それを初めてラムに見せる、さっと隠す、また見せる、ラムほしがる、ラムに触らせないをやってたら、激しくほしがるようになってきました。さあこれでスペシャルおもちゃができあがりました。
ロングリードの届く範囲で投げてやったらば当然取りにいきます。そしてその場で遊ぼうとするラム。いつもならここで終わりです、ちょうだいって近づくと逃げていったりするから追いかけるのも大変で。しかしここでリードを引いて引きよせます、ズルズルズル


そして次が肝心だそうですが、いきなり取り上げるんではなくて、おもちゃで引っぱりっこをして遊んでやります。ほらほら楽しいよーー



DSC05344.jpg



DSC05343.jpg


2、3回ブンブンと引っぱって遊びますと、おもちゃから口が離れますので・・




DSC05342.jpg


さあー、もう1回やってみようかー、ラム。




DSC05341.jpg



こちらの言葉かけで、投げる気配を感じて、もう後ろを振り返ってますね、なんておりこうさんなワンコでしょ狂喜乱舞する飼い主です。



そして、またまた大切なことは、犬があきるまでやっちゃダメとのことで、この日は4回投げただけでした。あーーもっとやりたいとワンコが思ってるところでやめるのがコツのようです。
あーー、お母さんももっと遊びたかったわよ、また明日やろうねラム。
スポンサーサイト



コメント

お久しぶりです。
ラム姫はすこしスレンダーボディになりましたか?
うちは「もってこい」が大好きで困ってます。
自分からボールをくわえて手の平へ持ってきます。
「投げろ!」と飼主に命令。
投げると持ってくる。延々と。くどい。
よだれでベトベトのボール投げが今日も待ってます。
追伸、柴子は もも といいます。

<はじめさん おはようございます。
そうです、ラムはやせてみえますよね、でも体重的には減ってないんですけど。かえって胸まわりはガッチリしてきて、おなべとしての理想的な体型かなと思っております。お姫様役も騎士役もひとりでできます、・・なんてね。
ももちゃん(かわいい名前ですね)もってこいが得意な柴なんですね。どうやって好きになったのかしら、そういうのって生まれつきなのなんでしょうか。それにしても、ボール持ってこられると投げないわけにはいきませんね、よだれでベトベトのボール、私も何度も投げてみたい。キャッチボールもしたことがないんで、いまのうちに肩をきたえて、遠くになげられるようにしておかなくては。

「もってこい遊び」うちのシュウは大好きですね。
毎朝・晩、時間は一回2~3分程度ですね。もう尻尾をブンブン、目はキラキラ☆させて喜びます。自転車運動に持ってこい遊びにたくさん新しい事を教えてもらえるラムちゃんは幸せですね。
シュウにはこのところ「ハウス」の掛け声でハウスに入りその中でオスワリをさせる事を教えました。
犬って教えれば300近い言葉を理解することができるんですって!柴でも特訓すればできますよ♪♪

「もってこい遊びに目覚めたラムお嬢ちゃま」ラムちゃんより母さまの方が楽しく遊んでいる雰囲気で大変微笑ましくコメント拝見させて頂きました。
たろーもボールやらおもちゃを咥えて持ってきては投げて持ってくる遊び大好きです。黙っていても自分から離して投げてくれるのを待つようになりますから、ラムちゃん&ラムちゃん母さまの次回の報告楽しみに致しております。これからも宜しくお願い致します。

うちももってこい遊びは大好きですが、家の中では何回もするのですが外ですると集中力に欠けるのかボールの所までは行ってももって帰ってきません!
そして最近落ち着きがなくなってきているようなので真剣にトレーナーに訓練してもらおうかと考えています。

ラムちゃん楽しそうだナァ~♪
豆は「投げて!」とおもちゃを持ってきて投げると、全力で取りに行き、再び戻ってきてら引っ張りあいっこするケド・・・その後、絶~ッッ対に離してくれないんです(涙)。オヤツで釣っておもちゃを離させるとよいとしつけ本に書いてあったので実践していたのですが、ある日違うしつけ本にオヤツで釣っておもちゃを奪う行為は信頼関係を損ねるのでダメ!と書いてあり慌ててやめたのを覚えています。遊びひとつにしても難しいものですネェ。

<シュウママさんへ
シュウ君、目キラキラさせますか、かわいいですねえ。
2~3分でも、かなりな運動量になりますし、ベストな時間配分かもしれませんね。
ハウスでおすわりもおりこうさんだわ。ラムはハウスで食餌するけどすぐ出てきちゃう、ハウスを食堂だと思っている様子です。
犬が300もの言語を覚えられるなんてビックリです。うちは何分の1だろう、もったいないことですね。声かけにもっとがんばろっと。

<たろくんママさんへ
おおっ、たろー君も、もってこいが好きな柴でしたか。しかも自分から離して、投げてくれるのを待つなんてねえ、なんか愛しくて涙が出そうです。
ラムはまだ、この遊びの楽しさが分かってないんで、親子ともども必死なんですね。自分から投げてくれるのを待つなんてことができる日がくるのはだいぶ先でしょう。もっと仔犬のときから遊んでおけば良かったかもしれません。

<もんママさんへ
おうちの中ではできるモンちゃん、やっぱりえらいですよー。いぬのきもちにも、外ではむずかしいですよと書いてありますし、集中するのはどんなワンコでも大変みたい。それで、対策としては刺激の少ない場所で、他のワンコがいないことを確認してやるって書いてありますね。
モンちゃん若いからトレーナーさんのトレーニングは身によくつくでしょうね。レポート楽しみです。人様のしつけレポートってすごく役にたつんですよね。

<まこさんへ
ボールひっばりっこしてるときに、ラムがペタンコ耳になってるんで楽しそうに見えますね。しかしてその実態は・・親子ともどもでボール取りの攻防戦なのでけっこう形相は恐いかも。
絶対に離してくれない豆ちゃん、それも柴らしいなあ、そういう頑固な柴も大好きです。ぞっこん柴ラヴですね。
ラムも離すまいとがんばるのですが、ブンと振ったときにラムの体が浮きあがるくらいの勢いでやっちゃいます、以前残留乳歯を遊びで抜きとろうとしたときの要領です。うーんこうなると、遊びなんだかスパルタ教育なんだか微妙なところがあります。
おやつで離させるのはよく聞きますが、ダメなんですか。いろんな方法があるな、勉強になりました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する